workflow

◆設計から完成までの流れ(住宅の場合)
ここでは、アトリエ奏で建築設計を進めていく際の流れを簡単に説明させていただきます。
お客様より建築設計・デザインのご依頼いただくと、以下の流れにより仕事を進めていきます。

workflow-600-150-1-2
①最初のお話
まずは、色々とお話をして、お互いを知ることから始めましょう。
家族のこと、好きなこと、やってみたいことなど、たくさん話をしましょう。
その時に、時期や計画地、ご予算の確認と共に、設計の流れ・費用・設計や工事にかかる期間などのご説明もさせて頂きます。
既に計画地が決まっている方は資料をお持ちいただくとスムーズです。
分からないことは遠慮せずに何でも質問して下さい。

workflow-600-150-1-3
②敷地調査
最初の打合せを行い、お申し込みを頂いた後、計画地の敷地調査を行います。
敷地には地域や場所によって様々な法律が設けられていますので、ご希望の建物を作るために関連法規の確認も行います。
敷地測量や地盤調査は、状況に応じてお願いしています。

workflow-600-150-2
③基本構想・イメージの共有
建物のイメージが分かりやすいように、スケッチや簡易な模型などでご提案させて頂きます。
お客様とイメージを共有できるように打合せを行っていきます。
イメージを共有できた上で、設計監理契約を取り交わさせて頂くことになります。

workflow-600-150-3
④設計監理契約
アトリエ奏とお客様の間で設計監理契約を行います。
この段階で、設計料・設計期間・工事期間なども再度ご確認頂きます。

workflow-600-150-4
⑤基本設計
基本構想で創り上げたイメージを具体的な図面にしていきます。
基本設計は、この後の実施設計の為の初期設計であると同時に、とても重要な作業です。
図面・模型・パース・使用する材料の見本などを用いて、デザイン・仕上げのチェックを行っていきます。
ご提示頂いた工事予算に応じ、必要があれば概算見積りを作成します。

workflow-600-150-6
⑥実施設計
基本設計で行った作業を元に、実施図面の作成を開始します。
この実施図面・仕様書に基づき、施工会社は見積りを行い、工事を行います。
その為、基本設計よりももう少し細かい縮尺の図面を作成していきます。
キッチンやお風呂、照明器具、家具のデザインなども行っていきます。

workflow-600-150-9
⑦建築確認申請
各行政・条例に合わせて資料を作成し、各種申請を行います。
計画地や規模により、各行政の許可が事前に必要となる場合もあります。
私たちがお客様の代理人として、各種申請業務を行いますのでご安心ください。

workflow-600-150-8
⑧見積・施工会社選定
図面を元に、施工会社に見積書作成の依頼を行います。
お客様がご希望する施工会社が特にない場合、私たちが施工会社を選定し、見積依頼を行います。
見積り金額・工事期間・図面の理解度などを総合的に判断し、お客様へ業者選定のためのアドバイスをさせて頂きます。
施工会社から提出された見積もり額がお客様のご予算と合わない場合、設計変更や各種調整を行います。
施工会社が決定した後、工事契約をお客様と施工会社の間で結んで頂きます。

workflow-600-150-12
⑨工事監理・竣工・引渡し
工事が始まると、私たちは、お客様の代理人となり、図面の通りに工事が行われているかのチェックを行います。(※これを設計監理と言います。施工会社の現場監督とは異なります)
メーカーとは異なり、設計事務所がお客様の立場となって監理を行うため、2重の現場チェックを行うことができます。
工事が完了した後、建物が図面通りできているか、仕上げが綺麗にされているかなど改めて検査を行い、その後お客様に最終検査をして頂きます。
同時期に、役所の完了検査・消防検査なども行います。
全ての工事・検査が終わりましたら、お客様へお引渡しとなります。
カギの受け渡し、建物をお使い頂くために必要なご説明をさせて頂きます。

workflow-600-150-13
⑩お引渡し後
お引渡し後も、末永いお付き合いをさせていただくこととなります。
経年検査はもちろん行いますが、それ以外でもお気づきの点などございましたら、いつでもお気軽にご相談下さい。
日々の生活で必要となる家具や備品に関してもご紹介させていただいております。