大学生と対談~2021夏~

アトリエ奏の建築や活動について話を聞いてみたい。
そんな連絡を、京都大学の学生からいただきました。

本当は実際にお会いしてお話をしたかったのですが、
静岡県に新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出てしまったため、
ZOOMで対談という形式にさせていただきました。

更に仕事のバタバタなタイミング等と重なり、
対談できたのはお話をいただいてから1カ月後でした。

2時間の対談で出たテーマはこんな感じです。

・アトリエ奏の建築のこと
・建築家という職業で大切にしていること
・建築家という職業のやりがい
・建築家という職業で大変なこと
・設計の道に進もうとした理由
・学生の頃好きだった建築物
・学生の頃好きだった建築家
・大学時代に戻ったらやりたいこと
・コロナ禍の現在の大学生事情
・コロナ禍で見直されている生活様式
・時代によって変わる建築の役割
・人々の暮らしと建築の関係
・建築と多様性の関係
・その他いろいろ

あっという間の2時間。(時間が全然足りませんでした・・・)

建築が大好きなことが伝わってきて、とても真面目で素敵な学生でした。
私たちも久しぶりに大学生に戻ったような気持ちになり、とても素敵で楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。


↑写真は大学時代(約20年前)にスケッチしたFISH DANCE(設計 フランク・ゲーリー)

コロナが落ち着いたら、
今度は実際に会ってお話したり一緒に建築巡りできたらいいな。

2021年夏

アトリエ奏 
村井之俊 村井藍